さおり(緑楊彰浩)

(さおり(りょくようあきひろ))

ファンタジーが好きです。
*アルファポリス、小説家になろう、カクヨム、エブリスタ、魔法のiらんどでも活動しています。

  • 魔王の娘は冒険者  外部URLを開く

    さおり(緑楊彰浩)

    会社員だった雲母藍は、ストーカーに刺されてしまい命を落とした。
    魔王の娘として転生して、育っていたが十三歳の時に全てを思い出した。
    転生したこと、そしてこの世界が『希望の光』というゲームの世界だということ。『希望の光』は二作品でており、この世界が一作品目であるということは魔王である父親が生きていることで理解していた。
    しかし、このままでは魔王が勇者に倒されてしまう。そうさせないために、魔王の娘、アイ・ヴィヴィアは両親や魔王軍に所属する魔族に頼み込んで戦い方を学んだ。
    そして、十六歳。アイは魔族ということを隠さず、冒険者になるために魔族領から旅立った。
    少しでも多くの他種族に魔族を信じてもらうために、魔王を倒されない未来へ進むために他種族の中で奮闘する。


    *9月は20時更新予定です。
    カクヨムにも投稿しております。
    第14回ファンタジー小説大賞参加作品。

    0クル

    カテゴリー内順位1453位 / 6,767件

    ジャンル内順位907位 / 3,422件

    (0)

    舞台
    異世界
    主人公の性別
    主人公の年齢
    10代
    主要登場人物の属性
    魔王
    モンスター
    ドラゴン
    人外
    その他の要素
    剣・魔法
    転生
    エルフ
  • 好きですがなにか?~悪役令嬢でごめんなさい~  外部URLを開く

    さおり(緑楊彰浩)

    アルテイナ公爵家の三女、ロベリア・アルテイナは子供のころに会った顔を覚えていない男性のことが忘れられなかった。
    それが恋というものなのかもわからず17歳になったロベリアは、父親に彼氏を連れてこいと言われてしまう。
    しかし、彼氏がいないロベリアには連れてくることもできない。それだけではなく、ロベリアが住んでいる街に人族は少ない。未婚の人族もいなかった。
    地位のある人族との結婚しか認めない父親にロベリアは呆れるしかなかった。
    そして父親が言い放った言葉により、ロベリアは自分の気持ちに気づくことができた。
    それは、子供のころに会った彼との再会。
    しかし彼と付き合うためには多くの試練が待ち受けていた。

    「私が気持ちを打ち明けたって、無理だって言われるに決まってる。だって私は『悪役令嬢』だから」

    1クル

    カテゴリー内順位1065位 / 6,767件

    ジャンル内順位256位 / 1,036件

    (0)

    舞台
    異世界
    主人公の性別