植月千満

(うえつきせんまん)

  • 身体強化系魔法だけじゃダメですか?-身体一つでチート級を目指す-

    植月千満

    俺、リアム・アーネスは寂れた田舎町の17歳。父親は早くに亡くなっていて、母ちゃん(リアム・アデライン)と爺ちゃん(リアム・グリムス)と婆ちゃん(リアム・アルバータ)と暮らしている。兄のリアム・スカーレットは町を出て、ここ一帯を領地としているバルハラム王国の騎士になった。そん時の母ちゃんと爺ちゃん婆ちゃんの喜びようと言ったら凄かった。母ちゃんなんて泣いてたっけな。スカーレット兄は昔からあらゆる分野で才能があった。剣術、棒術、魔法、錬金術、格闘…まさに神童っていうような存在。それに比べて俺はこれといって才能がなかった。町のみんなは、スカーレット兄があんなにすごいのになんで俺には才能がないのか首を傾げてる。でもそんな俺にも一つだけ小さい頃から熱中し得意なことがある

    「身体強化魔法」

    身体強化魔法は普通、剣士だったらその斬撃の威力を増したり、スピードや回避に使ったり意表をつこうとして使うことが多い。魔法使い・キャスターなら低い防御力を補うためだとかそんな用途だ。つまるところ「身体強化系魔法」をメインで使うやつってのはあまり多くないし、人間の拳や蹴りに比べたら、そりゃ武器や魔法の方が強いわけで……まぁ俺みたいな物好き以外はあまり重要視しないわけだ。
    だけど俺はこの得意な身体強化魔法で最強になる夢がある。おのれの身体のみでどんな相手も跪かせる最強の武闘家になるんだ!

    0クル

    カテゴリー内順位1499位 / 6,702件

    ジャンル内順位926位 / 3,390件

    (0)