user

木立花音

(きだちかのん)

  • 咲夜。人の寿命が見える私と、来年までに死ぬ彼の話。  外部URLを開く

    木立花音

    加護咲夜(かごさくや)、高校一年生。
    彼女には、不思議な能力があった。それは、他人の寿命が〝年数〟で見えること。彼女には大きな未練があった。それは、寿命一年である事を知りつつ見過ごしたことで、とある女性を救えなかったことだ。

    咲夜は高校の入学式の朝、屋上から空を見上げる男子生徒の姿を見かける。なんとなく視界の隅に入った彼、今泉京(いまいずみきょう)の寿命は──〝一年〟だった。

    先輩が来年までに死んでしまう運命を変えられた時、私が背負った罪の十字架も下りるのかな?
    次々現れる寿命一年の人物を救いながら辿り着いた世界で、ついに咲夜は彼の死の間際に直面する。

    「先輩──!」

    伸ばしたその手は届くのか──。
    偽善か──それとも贖罪か。死神の目の使い方。

    ※アルファポリス主催、第三回ライト文芸大賞最終選考作品。
    ※読み手のネコ様のレビュー企画で、長編一位の評価を頂きました。
    ※小説家になろうさんで、ジャンル別日間三位頂きました。
    ※表紙用のイラストは、『SKIMA』を利用してmu様に、タイトルロゴは草食動物様に作って頂きました。
    ※Part51の挿絵として、ミカスケ様のフリーイラストを使わせて頂きました。

    0クル

    カテゴリー内順位943位 / 6,238件

    ジャンル内順位9位 / 373件

    (0)

    時代
    現代
    舞台
    日本
    主人公の性別
    主人公の年齢
    10代
    主要登場人物の属性
    少年
    少女
    高校生
    その他の要素
    らぶあま
    じれじれ
    純愛
    ドラマチック
    浮気
    友情
    ヒューマンドラマ
    シリアス
    純文学
    ハッピーエンド
    レイティング
    R15
  • その花は、夜にこそ咲き、強く香る。  外部URLを開く

    木立花音

    相貌失認(そうぼうしつにん)。
    女性の顔が見えないという先天性の病を発症している少年、早坂翔(はやさかしょう)。
    夏休みが終わった後の八月。彼の通っている小学校に転校してきたのは、類稀な美貌を持つ転校生、水瀬茉莉(みなせまつり)。
    しかし彼女には、幾つか不可解な点があった。

    誰とも目を合わせず、会話をしようとしないこと。
    誰に対しても、心を開かないこと。
    女性の顔を認識できないはずの彼なのに、何故か水瀬の顔は見えること。

    顔が見える、ということを後ろ盾にして親密になりかけた二人であったが、結局は疎遠となり卒業の日を迎えてしまう。

    それから二年。
    クラスアート実行委員として再び一緒になった二人は、夜に芳香を強めるという匂蕃茉莉(においばんまつり)の花が咲き乱れる丘を、題材に選んで作業にはいる。
    ところが、クラスアートの完成も間近となったある日、水瀬茉莉が不登校になってしまう。

    姿をくらました水瀬を捜し求めるなか、遂に彼は、これまで感じていた違和感の正体に触れていく。

    0クル

    カテゴリー内順位943位 / 6,238件

    ジャンル内順位21位 / 293件

    (0)