Michikato

(ミチカト)

  • 私は、甘えたがり…

    Michikato

     主人公の『りら』はテレビ局のアナウンサーでキャスターという職務上クールなイメージを作っているが本当は彼氏には甘えたい性格だ。

    りらは2歳年上の彼氏と社内恋愛2年になるが女遊びが激しい彼氏に嫌悪感を抱き別れる。

     そんな時、2歳年下の大学院生アルバイト『レオ』と二人で残業をした帰り、レオの部屋にお酒を飲みに行くことに…。
    レオは可愛い女性がタイプでクールなりらは恋愛対象外だと言う。
     しかし、お酒に酔ったりらは甘えたがりで可愛い本性をレオに見せてしまう。
    レオはりらの普段とのギャップに恋に落ちる。
    りらも学生のレオが甘えさせてくれて男性と知りふたりは恋人になる。
     
     レオが不在のある日、りらが飲み会に行くと隣に元カレが座る。
    りらはお酒に酔っていくうちにレオと元カレを間違えて元カレに甘えてしまう。
    元カレは初めて見るりらの甘える姿に惚れる。
    しかし翌日りらは自分の愚行に大きなショックを受ける。
     
     その頃レオは友人とその彼女と3人で飲みに行くが、友人の彼女がレオに一目惚れをして危険な計画を企てる。泥酔したレオは翌朝大きなショックを受ける。
     
     りらとレオは自分の愚行にダメージを受け、二人の間に溝ができてしまう。
     
     数日後レオの友人の彼女から「レオとの愛の証拠写真をパソコンに送った」と言われたりら。その写真とは…。
    レオを信じるりらは、元カレとの愚行を謝り、ふたりは許し合って愛情を深めていく。
     
     ある日りらの会社にレオの友人が来てりらに一目惚れをし、りらをキケンな目にあわせる。
     
     りらとレオは信頼し合って色々なことを乗り越えていく。
     唯一無二と感じられる相手と一緒にいることで素直に甘えられるようになったりらは
    素敵な女性に成長していく。

    0クル

    カテゴリー内順位1618位 / 7,565件

    ジャンル内順位409位 / 1,223件

    (0)

    時代
    現代
    舞台
    日本
    主人公の性別
    主人公の年齢
    20代
    主要登場人物の属性
    大学生
    OL/サラリーマン
    その他の要素
    純愛
    ハッピーエンド
    レイティング
    R15
    プティル小説大賞
    第1回プティル小説大賞(旧:恋愛小説大賞)