user

西乃狐

(ニシノキツネ)

  • 【連作短編集】世界中の恋が全部叶えばいいのに

    西乃狐

    花開いたばかりで散ってしまった恋。
    想い合う相手との別れを決断せざるを得なかった恋。
    心の奥底にしまいこんで忘れかけていた昔の恋。
    ずっと一緒にいながら叶えてあげられなかった想い。
    ——それらはどこかで少しずつ繋がっている。
    世界中の恋が全部叶えばいいのに——。
    でも、叶わなかった恋も含めて、誰かを想う気持ちは尊くて愛おしい。

       *

    第1話「希と望/あなたとわたし」
    「美沙子、彼が、希くんが、いっちゃったの、希くん、もう、どこにも、いない、」
     うわ言のように繰り返す望を、わたしはただ抱き締めることしかできなかった。

    第2話「十五光年先の」
     女性から君付けで呼ばれたのはいつ以来だろう。その声と呼び方から瞬時に思い浮かんだ人物が一人。
     まさかと思いつつ振り向いた見知らぬ顔だらけの雑踏の中に、スポットライトを浴びたかのように浮かび上がる顔がひとつあった……

    第3話「あなたは今も、」
     あの木の下でキスをしたカップルは別れてしまう。そんな噂にならないかな。そうしたら、もう誰もあそこでキスをしなくなる。わたしたちだけの……だけではないかもしれないけれど、思い出の木になる――。

    第4話「ティコとケプラー」
    「女たらしの成金社長が飛ばすハーレムみたいな宇宙船だったとしても、チャンスがあるなら乗ってみたい」
     思い浮かんだのは、かぐや部長を含む複数の水着の美女が成金社長を取り囲む、リムジンみたいな宇宙船だった。今も昔も想像力が貧困なのだ。

    第5話「ハンカチを貸す理由」
     可愛いお嫁さんになることが彼女の昔からの夢だと知りつつ、結婚に踏み切れない過去を抱える彼。かつて、お笑い芸人の卵だった男が素人探偵として調査して知った事実が彼の心を縛り付けていた。そんな男のもとに、長年の呪縛を解くかのような手紙が届く……。

    0クル

    カテゴリー内順位1515位 / 6,526件

    ジャンル内順位305位 / 989件

    (0)