桜居ミオニチ

(サクライミオニチ)

色々な話を空想する癖があります。
その中で、まとめられたものを挙げていきます。
何か感じてもらえれば幸いです。

  • 青赤のキャニバライズ 天の狼と黒白兎、と『花嫁殺し』  外部URLを開く

    桜居ミオニチ

    人の『魂』には『味』がある。その最期に刻まれた『心』の『味』が。
    人の『魂』を好んで食らう『化物』――『青の神骸』
    人の中にまぎれ、人と同じかたちをし、人にはない異能を持つ。
    彼らは、『美食家』だ。
    自らの好む『味』とするため、人を惑わし、おとしめ、いたぶり、殺す。
    それを『狩る』使命を与えられしは――『赤の騎士』
    人でありながら、人でなく、彼らと同じ異能を持つ。

    これは、世界の陰で互いを食らいあう存在たちの物語。

    これより語るは、その一遍。
    ある街の教会で『花嫁』の惨殺死体が発見された。
    人々は、その事件と犯人を『花嫁殺し』と呼び、恐怖した。

    だが、人々は知らない。
    その犯人が『化物』であることを。
    新たな惨劇がすぐそこまで迫っていることを。
    事件の裏に隠された真実を。
    そして、それを『狩る』存在が今、この街に降り立ったことを。

    ――少年よ、戦え。少女の涙を止めるために。たとえ、そのすべてを失ったとしても――

    近代仮想国、『化物』とそれを『狩る』存在が織り成す異能力バトル。
    ※とりあえず、文庫1冊分の話(10万字以上)が完成しています。
     1月30日までに投稿を終了する予定です。

    0クル

    カテゴリー内順位1030位 / 6,098件

    ジャンル内順位628位 / 3,058件

    (0)

    時代
    現代
    舞台
    海外
    主人公の性別
    主人公の年齢
    10代
    主要登場人物の属性
    少年
    少女
    殺人鬼
    その他の要素
    異能力バトル
    アクション・戦闘
    シリアス
    レイティング
    R15