夏夜やもり

(なちょやもり)

  • 海苔わた菓子 ~妹と、楽し懐かし雑談日和~  外部URLを開く

    夏夜やもり

    「ねえねえ、気になったんだけどさ、何でこんなタイトルなの?」

    テーブルに突っ伏し、だらしない恰好の妹が聞いてくる。

    「んー、『私の語り』を適当に入れ替えたのだよ」
    「ふむ...わ、た...んー?...『た』、は?」
    「た?」
    「ほら、わたしのかたり のりわたかし...」
    「足りない...」
    「つまり?」

    少し考え私は言った。

    「この物語は『足りない私のか・た・り♪』って事で、適当に雑談する感じです!」
    「...そんなんで良いの?」
    「いいよー。この物語は私の体験交えつつ、妹が突っ込んだり怒ったりな、駄弁り場です。興味が湧いたらお読み下さい」

    妹も少し考えた様子をみせて、営業スマイル浮かべて言った。

    「タブレット持ちの方はトイレでもどうぞー。そんなお軽い話でっす」

    いや、何でタブレット?スマホでいいじゃん...と思い、こないだの事件に気が付く。

    「あ、スマホだとトイレにスマホ柱が出来ちゃうから!皆さん気を付けて!」
    「ああっ!?それは言わない約束でしょう!」
    「ふふっ、本編では私の恥がてんこもりだからね」

    そのセリフに妹が私のスマホを取り上げ、睨みつけてきた。

    「あたしの恥はばらさなくても良いでしょ!あれバラす!よっぱですっぱな面白事件!」
    「まず私のスマホを置いてね。話はそれからだ」

    暫くにらみ合う。妹のスマホは私が制圧している事に気付いたらしい。悔しそうにスマホを置いて言った。

    「むう、こんな感じの変な雑談。『海苔わた菓子』お楽しみにっ!」
    「あ、そうだ。タイトルの由来もう一個あるけど、それは秘密にしよう」
    「なー!?」

    おどろく妹ほっといて、タイトルの由来・その2は秘密になりました。

                           つづく(本編へ

    0クル

    カテゴリー内順位1229位 / 5,564件

    ジャンル内順位12位 / 365件

    (0)

    時代
    現代
    舞台
    日本
    家庭
    主要登場人物の属性
    小学生
    その他の要素
    ツンデレ
    ほのぼの
    友情
    現代知識
    ヒューマンドラマ
    コメディ
    レイティング
    R15