佐藤あきら

(さとうあきら)

このような場を設けて頂き、ツギクル様には感謝しております。

  • 革命のエチュード

    佐藤あきら

    帝都__そこは見栄と権力の街。

    舞台は、第四次世界大戦で文明社会が滅んだ後の世界。
    再び人類の発展を目指して皇帝が統治する世で、圧政に苦しむ民たちが静かに怒りを募らせていた。各地では革命家たちによる反乱が頻発している。
    現代に残るのは、世界大戦時に開発された最強の兵器『失われた叡智(オーパーツ)』。それを使えるのは、古来よりその血筋を守る『あり得ない遺物(オーパーツ)』の人間だけである。最強の兵器は彼ら込みで、オーパーツと呼ばれる前時代の遺産だった。
    だけどごく稀に、その血筋でなくとも使える人間が現れる。その名を『突然変異(ミュータント)』。
    始まりは、都で次々に人を食らうジェヴォーダンの獣が目撃される。
    その事件でミュータントとしてオーパーツの適正反応が出た大志は、片田舎の交番に立つお巡りさんから、突然世界最高の部隊であるグリーン・バッジに入隊することとなった。
    就任初日に上司から言い渡された「重要な任務」__それは、近々開催される帝国軍武術大会で優勝してくること。
    気勢を削がれた大志であったが、その矢先にとんでもない事態が発覚する。
    失われた叡智(オーパーツ)が起動できないのだ。彼と無理やりチームを組まされた柴尾銀臣は、役立たずの入隊に苛立ちを隠そうともしない。彼は、なにかに怯えるように大志に冷たい態度を取る。
    そうしているうちに、帝都には反乱軍によって生物兵器が拡散された。華の都は一瞬にして地獄へと様変わりする。

    偶然か必然か、運命の中で集まるのは、街を彩るように鮮烈な人間ばかりだ。
    なにかを恐れる冷たい態度の同僚。不審な行動をする上司。それを怪しむ彼の同期。嫌味な財閥の御曹司。紳士的なヤクザ。愛を信じられないヒモ男。体と心の性が一致しない幼馴染。家族さえ守れればそれでいい元警察官。
    そして__まるで天使のように微笑む革命の指導者。
    繰り返される争いの歴史の中で、彼らは自分の悪を貫き通す。

    『家族』とは、なんだろう。
    思い出のある者か。一緒にいる者か。それとも__血の繋がった者か。
    誰も正解は、わからずにいる。

    0クル

    カテゴリー内順位1236位 / 4,886件

    ジャンル内順位821位 / 2,526件

    (0)