user

日暮ミミ

(ヒグラシミミ)

色んなサイトで投稿してる,さすらいのウェブ作家です(笑)

  • トップシークレット☆ ~お嬢さま会長は新米秘書に初恋をささげる~

    日暮ミミ

    6月某日、梅雨なのによく晴れたある日――。一人のウェディングドレス姿の花嫁が、新宿の結婚式場で式を挙げようとしていた。
    彼女の名前は篠沢(しのざわ)絢乃(あやの)。19歳の若さで大財閥〈篠沢グループ〉の会長を務めている。そして、彼女が結婚する相手は桐島(きりしま)貢(みつぐ)。絢乃より8歳年上で、会長付秘書を務めている青年で、彼女の初恋の相手でもある。
    彼女は控室で、桐島との出会いから結婚に至るまでの経緯を思い返していた。

    二人の出会いは20ヶ月前の秋。財閥の前会長だった絢乃の父、源一の誕生日パーティーの席でだった。この時すでに体調に異常をきたしていた絢乃の父のことを心配し、病院での受診を提案したのが当時総務課の平社員だった桐島なのだ。
    彼のおかげで、父が末期ガンで闘病ののち逝去するまでの3ヶ月間を有意義に過ごすことができたと、絢乃は感謝していた。
    父亡きあと、遺言で会長に就任することになった絢乃は、葬儀の日に送迎を担当した桐島に「自分に会長が務まるのか」と弱音を吐く。そんな彼女を支えるべく、桐島は「自分が秘書になります」と宣言。会長選任の取締役会でひと悶着あったものの、絢乃の母で篠沢家当主の加奈子が会長代行を務めることで承認を得、無事に絢乃が会長に就任した。

    会長に就任したあとの絢乃はまだ現役の高校生だったこともあり、慌ただしい二足のワラジ生活を送っていた。桐島はそんな彼女を献身的に支え、送迎まで買って出る。
    絢乃はいつしか、彼の存在に安心感を抱くようになるけれど、それが何という感情からくるものなのか分からなかった。
    友人の中川(なかがわ)里歩(りほ)の指摘で、絢乃は初めて知った。それが恋なのだと――。
    そして、絢乃は桐島の兄・悠(ひさし)の登場により、桐島もまた、自分に対して特別な想いを抱いていることを知り――。

    高校卒業後、会長職に専念することにした絢乃は、恋人となった桐島との結婚願望を抱くけれど、彼はなかなかプロポーズしてくれず――?

    0クル

    カテゴリー内順位1448位 / 6,756件

    ジャンル内順位300位 / 1,032件

    (1)

    時代
    現代
    舞台
    日本
    主人公の性別
    主人公の年齢
    10代
    主要登場人物の属性
    高校生
    OL/サラリーマン
    美形
    その他の要素
    ほのぼの
    純愛
    ドラマチック
    年の差
    職業もの
    ハッピーエンド
  • シャープペンシルより愛をこめて。

    日暮ミミ

    あくまでも直筆原稿にこだわる女性恋愛作家・巻田ナミ(23)×S系担当編集者・原口晃太(28)。

    「パソコンを習え」とイヤミ攻撃をするわりには,ナミの小説を一番理解し愛している原口に,実はナミは恋心を抱いている。

    でも,彼女にとって原口は「苦手な存在」。これまで惹かれたことのないタイプの男性に恋をして,ナミはどうしていいのか分からなくなる。

    ある日,ナミは彼の意外な一面を偶然知り,二人の距離はほんの少し縮まる。
    「この恋に真剣になってみよう!」――。ナミは決心した。

    ところが,作家デビューして間もなく別れた元カレ・井上潤(23)がすぐ近所に住んでいることが判明し,ナミは潤から復縁を迫られる。

    別れた原因は,潤が作家としての自分を理解してくれなかったことだと思っていたナミだが,自分も小説のことで頭がいっぱいで潤への思いやりが足りなかったのでは……と悩む。

    そんな彼女に,原口がエッセーの執筆を依頼する。
    いつも応援してくれるファンへの感謝の想い・そして原口への想いを込めて,ナミは白紙の原稿用紙にせっせとシャープペンシルを走らせる――。

    0クル

    カテゴリー内順位1448位 / 6,756件

    ジャンル内順位300位 / 1,032件

    (1)

  • 日暮ミミの執筆日記  外部URLを開く

    日暮ミミ

    宣伝用ブログ始めました('ω')

    0クル

    カテゴリー内順位54位 / 236件

    ジャンル内順位6位 / 33件

    (0)

  • こちら、陰陽相談所~"妖怪"は目に見えなくてもちゃんと存在するのです☆~

    日暮ミミ

    20歳のフリーター・堀田美咲は,ある日バイト先のカフェをリストラされてしまう。
    生活がかかっているため早速次の仕事を探し始めた彼女は,ネットで「嵯峨野〈さがの〉よろず相談所」という怪しげな企業の求人を見つける。
    何だかよく分からないまま,「ここならすぐにでも採用されそう」と応募メールを送ると,その日の夕方に面接に来るようにと連絡がくる。
    夕方,面接に向かう美咲の前に現れたのは謎の浮遊物。――実は彼女,妖怪などの類が見える体質だったのだ!
    浮遊物に導かれて辿り着いたのは,大きな屋敷。その屋敷の主こそ,平安時代から代々続く陰陽師の若き末裔・嵯峨野大我(30)だった。
    パソコンのスキルと実践空手3段の腕を買われ,美咲は助手兼ボディーガードとして,日給7,000円で嵯峨野に雇われることになり……。
    妖怪・式神・呪術・超常現象――。これまでは「平凡」だった美咲の日常は,その日を境に摩訶不思議なものに囲まれた日々へと変わっていく――。
    そんな中,美咲も実は妖怪の血を引いていることが発覚し……!?

    0クル

    カテゴリー内順位1448位 / 6,756件

    ジャンル内順位905位 / 3,418件

    (1)

    時代
    現代
    舞台
    日本
    主人公の性別
    主人公の年齢
    20代
    主要登場人物の属性
    OL/サラリーマン
    妖怪
    その他の要素
    神話・伝承
    バディもの
  • 小説情報☆☆  外部URLを開く

    日暮ミミ

    投稿サイト「ツギクル」にて,小説『シャープペンシルより愛をこめて。』を連載してます(^_^)

    この作品は,「エブリスタ」「ベリーズカフェ」「アルファポリス」などで連載し,一度完結したのを改稿しているものです。

    ぜひぜひ応援よろしくお願いします(^_^ゞ

    0クル

    カテゴリー内順位54位 / 236件

    ジャンル内順位6位 / 33件

    (0)