蒼風と申します。詳しい事はWebサイトをご覧ください。

http://sho34141991.hatenadiary.com/entry/2018/12/17/160856

  • されど美しき僕らのセカイ  外部URLを開く

    蒼風

    □作品紹介□
     むかしむかしってほどじゃない、ほんのちょっと前。あるところに一人の女の子がいたんだ。

     彼女は優しくて、賢くて、強い子だったけど、ひとつだけ大きな問題があった。そのお陰で、彼女にはずっと、友達といえる友達がいなかった。


     ある日のことだった。隣の家の前に、一人の男の子が立ちつくしていた。いつもは見かけないから、多分、お父さんお母さんが家にいなかったか、鍵を忘れちゃったか、あるいはその両方なんだと思う。

     迷った。話しかけてどうするんだ、とも思った。そんなことをしたってどうせ、とも思った。

     それでも、彼女は話しかけた。手を差し伸べた。少年は今にも泣きそうな顔を必死に崩さないようにする。きっと相当心細かったんだろう。話しかけてよかった、そう思った。

     それから彼女には一人の友達が出来た。なんの問題も起きない、幸せな関係。だけど、そんな時間はすぐに音を立てて壊れていった。


     むかしむかしってほどじゃない、ほんのちょっと前。あるところに一人の女の子がいたんだ。
     彼女は優しくて、賢くて、強い子だったけど、ひとつだけ大きな問題があった。そのお陰で、彼女にはずっと、友達といえる友達がいなかった。

     だけど、そんなひとりぼっちの時も過ぎて、彼女は今、ちょっとだけ人とは違う、けれど大半はごく普通の人生を送っている。あの日のことは忘れて。これからもずっと。そのはずだった。


     ある日、誰かが言ったんだ。世界を変えるのは意思の力だって。

     これは、そんな意思の力で、どこにでも広がっている醜いセカイが、美しくなる。そんな御伽噺。

    (最終更新日:2020/02/10)

    0クル

    カテゴリー内順位1164位 / 5,029件

    ジャンル内順位183位 / 647件

    (0)

    時代
    現代
    舞台
    日本
    主人公の性別
    主人公の年齢
    20代
    主要登場人物の属性
    大学生
    幼馴染
    OL/サラリーマン
    メイド
    その他の要素
    ラブコメ
    ヒューマンドラマ
    コメディ
    シリアス
  • creAte!

    蒼風

    ◇あらすじのようなもの◇
     ハウツー本。
     それは見知らぬ世界へと旅をする人にとって、指針となる本だ。
     嘘つけ。

     天城征路は「創作のハウツー本」を信じていない。あんなもんは嘘っぱち。読んだって駄目。話を作るのなんか上手くなるわけない。そんなもん読むくらいなら寝てた方がマシ。そう思っていた。
     
     久遠寺文音は「創作のハウツー本」を信じた。これこそが自分が欲しかったものだ。これできっと良い話が書ける。何をおいてもまず、これを参考にするべきだ。そう思っていた。

     本来なら交わる事のないふたり。しかし、ひょんなことから二人は意気投合して、

    「こいつと意気投合?ないない。あり得ないって」
    「おお、珍しく気が合ったな。それに関しては俺も同感だ。意気投合などという事は決してないな、うん」

     ……訂正。全然意気投合なんかしてなかった。
     そんな二人と愉快な仲間たちが、化学反応を起こしたり、起こさなかったりする物語が幕を開ける。

    (最終更新日:2019/04/08)

    0クル

    カテゴリー内順位1164位 / 5,029件

    ジャンル内順位21位 / 233件

    (0)

    時代
    現代
    舞台
    日本
    学校
    主人公の性別
    主人公の年齢
    10代
    主要登場人物の属性
    少年
    少女
    高校生
    その他の要素
    チートなし
    ヒューマンドラマ
    成長もの
    コメディ
  • creAte!  外部URLを開く

    蒼風

    ☆著者より☆
    こちらでも公開する『creAte!』のカクヨム版です。連載の進みはこちらが一番早いです。

    ◇あらすじのようなもの◇
     ハウツー本。
     それは見知らぬ世界へと旅をする人にとって、指針となる本だ。
     嘘つけ。

     天城征路は「創作のハウツー本」を信じていない。あんなもんは嘘っぱち。読んだって駄目。話を作るのなんか上手くなるわけない。そんなもん読むくらいなら寝てた方がマシ。そう思っていた。
     
     久遠寺文音は「創作のハウツー本」を信じた。これこそが自分が欲しかったものだ。これできっと良い話が書ける。何をおいてもまず、これを参考にするべきだ。そう思っていた。

     本来なら交わる事のないふたり。しかし、ひょんなことから二人は意気投合して、

    「こいつと意気投合?ないない。あり得ないって」
    「おお、珍しく気が合ったな。それに関しては俺も同感だ。意気投合などという事は決してないな、うん」

     ……訂正。全然意気投合なんかしてなかった。
     そんな二人と愉快な仲間たちが、化学反応を起こしたり、起こさなかったりする物語が幕を開ける。

    (最終更新日:2018/12/19)

    0クル

    カテゴリー内順位1164位 / 5,029件

    ジャンル内順位21位 / 233件

    (0)

    時代
    現代
    舞台
    学校
    主人公の性別
    主人公の年齢
    10代
    主要登場人物の属性
    少年
    少女
    その他の要素
    チートなし
    ヒューマンドラマ
    成長もの
    コメディ