• 勇者召喚に巻き込まれた脅威の≪適応≫力を持つ黒い悪魔  外部URLを開く

    kage3

    我らは長い間巨人から逃げ隠れる生活を送っていた。
    我らを絶滅させようと巨人はあらゆる方法で殺しに来る。
    あるときはその巨体から繰り出す力で叩き殺し。あるときは毒霧で殺し、あるときは氷のブレスで殺し、あるときは我らを拘束する罠にはめ飢え死にさせ、あるときは食料に毒を仕込んでくる。
    われらもただ殺されるだけではない。巨人から逃げるためにより早く走る足を手に入れ、そして巨人も持たない飛行能力を手に入れた。
    しかし、巨人の力は圧倒的で我らは生きるために逃げるしかなかった。
    だが、そんな日々も今日から変わる。
    我は新たな力を手に入れた。
    巨人よ目にもの見せてくれる!我も火星の同胞たちのように巨人を駆逐してくれるわ。
    ハッハッハッハッハ~。
    古来より強いものが生き残るのではない、適応できたものが生き残るのだ。
    遥か古来より生き残って来た我は|黒い悪魔≪ゴキブリ≫から真の黒い悪魔となるのだ!

    1クル

    カテゴリー内順位924位 / 4,576件

    ジャンル内順位639位 / 2,399件

    (0)

  • 世界樹の管理人~なぜ彼は異世界でモテるのか?~(仮)  外部URLを開く

    kage3

    ※良い題名を思いついたら変更します。
    主人公ナガレソラはいつもの会社の帰り道におっさんの必死の頼みにめんどうながらもアンケートに答えると激しい光に包まれて大草原に立っていた。
    もとの世界に帰るには30年後の迎えを待つか、どこかのダンジョンにある次元を超えるアイテムを手に入れるか、神になるかどれかの方法があるとメッセージが残されていた。
    仕方なく異世界旅行という名目だからなのか便利なチートアイテムとチートスキルを身に着けていた。そして使い魔たちを仲魔にし、その力を借りて異世界での生活を始める。
     ただ美人に弱く、なんとか美人の好感度を上げようと行動しているとルシアという美女に出会いこの世のだれもが逆らえない力が手に入ることを条件に次世代の世界樹の管理者になってほしいと頼まれる。
    しかしそんな強大な力をもったら様々な面倒ごとに巻き込まれるからと断る。
    そんなときソラは親しくなったシスター刺されて命を落としかける。
    命の危機から脱したが実は自分が原因でシスターが事件に巻き込まれたことを知る。
    このまま《なまけもの》な自分のままでは仲良くなった人(美人)と会えなくなるどころか不幸にしてしまうと気がつき現状を打破するためにまずはルシアの願いを聞き入れてみようと行動を開始し始めてる。
    するとおっさんの思いとは関係なくさまざまな国を揺るがす事件に巻き込まれてしまう。
    しかしおっさんは美人のために諦めず突き進んでいきます。

    1クル

    カテゴリー内順位924位 / 4,576件

    ジャンル内順位639位 / 2,399件

    (0)

    舞台
    異世界
    地球外
    主人公の性別
    主人公の年齢
    30代
    主要登場人物の属性
    貴族
    モンスター
    人外
    その他の要素
    転移・トリップ・召喚
    日本→異世界
    異能力バトル
    チート
    スキルチート
    ダンジョン
    レイティング
    R15