よろしくお願いします

  • 生真面目系少女が、不人気種族『精霊』と付与スキル『糸』で紡ぐ破壊と再生のVRMMO記  外部URLを開く

    鳴島 雹

    リアルお金持ちの文学少女がゲームを通じてリアルを充実させていくお話です。

    ゲームの中は悪い人がいっぱい!

    主人公は基本ゲーム知識0だけど、そのゲームの中では無敵でした。

    想像力が支配する『Imaginationβrave』で、主人公は不遇と呼ばれる精霊をインスピレーションのみで選び、スキルも適当に選びました。掲示板の存在なんて知らないので、本人はとても満足しています。

    そんな主人公『ノワール』が気持ちだけは前向きな精霊で、時に大胆に、時に気ままにやりたい放題。

    日常で募った鬱憤や、やりきれない感情を乗せて暴れまわっていました。彼女の快進撃は止まることを知りません。

    しかしリアルに戻れば両親からの言いなりのいい子ちゃんに早変わり。
    こんな自分のままで終わるのは嫌だ。
    変わりたい。そう思わせてくれたのがゲームとの出会いでした。

    リアルあり、ゲームあり。ちょっと甘酸っぱい青春あり。いいことばかりじゃないけれど、むしろ悪いことの方が多いけど、こんな主人公の成長を皆さんも見守って見ませんか?

    1クル

    カテゴリー内順位963位 / 4,762件

    ジャンル内順位51位 / 326件

    (1)

  • Imagination βrave 〜オレ流サムライ道〜  外部URLを開く

    鳴島 雹

    サムライに憧れる高校生、高河孝(17)がVRMMORPG内で『マサムネ』となり、理想のサムライ像を模索する物語。

    しかし昨今のゲームではジョブとしてのサムライはあれど、生き様を追体験するものは見つからなかった。
    マサムネがサムライに求めるのは型や技ではなく、どちらかといえば生き様や殺陣の方に傾倒している。
    数々のゲームに参加しつつも、あれもこれも違うと直ぐに辞めては誘ってきた友人の立橋幸雄の頭を悩ませていた。
    丁度これから、と言うところで引退宣言を告げるからだ。
    だと言うのに情弱の孝は再び幸雄を頼り、そこで「頭を冷やせ」という意味で勧められた【Imagination βrave】というゲームで運命の出会いを果たすことになる。

    サムライに成れれば何でも良い。そんな孝《マサムネ》が最初に選択した種族は獣人のワーウルフ。コボルトと迷ったけど、野趣溢れる顔立ちが「まさにサムライらしい」と選択する。
    しかし、その種族が武器との相性が最悪だとはこの時は知る由もなかった。
    次にスキルの選択でも同じようなミスを冒す。あろうことかサムライ=刀と考えたマサムネは武器依存のスキルを選んでしまったのだ。
    ログイン後も後先考えず初期資金のほとんどを刀の購入代金に充てるなど、本来の慎重な性格はどこかに吹き飛んでいた。
    後にそれが性格変調システムと言う種族の思想がインストールされるサポートシステムが原因だと知るが、もはや後の祭り。
    こうした経緯によって生まれたnewマサムネは、種族特性の[武器装備時・筋力/ダメージ半減]の効果をモロに受けて序盤の雑魚敵すら倒せず、死に戻りしては貯蓄を減らす貧乏生活を余儀なくされていた。
    その結果、もしかしてこれはハズレなんじゃと思い始めるも、自分で選んだスキルを自分が信じてやれなくてどうする、と試行錯誤を繰り返したその時───

    マサムネは今まででは感じ得る事のない新たな力を呼び起こした。それを自分の中で必殺技と名付け、今までの貧乏生活とは一転、大活躍を遂げる。

    そう、ここはタイトルにImagination《想像力》と付くように、想像力次第でスキルの力が千差万別に変わる世界だったのだ。

    0クル

    カテゴリー内順位1306位 / 4,762件

    ジャンル内順位75位 / 326件

    (0)