user

ikaru_sakae

  • 琥珀伝 序

    ikaru_sakae

    滅びた国の城主の娘、サクヤ姫と、
    その姫を一途に護り戦う妖狐の少年、コハクの物語。

    人知を超えた圧倒的な力をもって戦国の世を掻き乱す妖狐衆。そこに属する妖狐の少年コハクは、仲間の妖狐とともにサカモト城を急襲。並みいる兵を蹴散らし、たちまち城主のアケチマンシュウを討ちとった。

    ところがコハクはそこで、城主の娘・サクヤ姫に一目惚れ。攻め手であるミノ軍に対して突如、反旗を翻す。ミノの包囲を打ち破り、コハクはサクヤ姫を連れて逃げる。逃げる。たちまち二人は追撃軍に囲まれる。先頭に立つのは妖狐クロガネ。コハクの力を上まわる狡猾な妖狐だ。

    執拗なミノの追撃をかわしながら、北国ワカサのタケダ氏を頼って、コハクとサクヤは落ちてゆく。戦国の世を裏で操るイナリ御前の指揮の下、二人をさらに追撃するのは、とびきり冷酷・妖艶な妖狐メノウと、その妹のルリ。さらに西のタンバからは、妖狐イオウとシロガネも、コハクにむけて肉薄し―― 

    コミカル&シリアスに次々と展開する架空の戦国譚。

    0クル

    カテゴリー内順位1211位 / 4,448件

    ジャンル内順位808位 / 2,339件

    (1)

  • シティ - five stories -

    ikaru_sakae

    地球環境を激変させた「大災厄」後の近未来を舞台にした五つの物語。

    1.夏の物語  俺は追われている。敵は「シティ」。兵器も何もかも優勢な敵の支配区域から、地下水路伝いに逃走を試みる中で、未知の敵に遭遇。が、相手は貧民居住区「キャンプ」の子供で、まだ見たことのない本物の海を見るためにシティの制限エリアに侵入していた――

    2.秋の物語  アビーは「シティ」に暮らす12歳。エリート子弟の通うアカデミーで、詰め込みの英才教育を受ける毎日。アカデミーの帰り、希少動物「猫」に会うために秘密の場所を訪れたアビーは、行き倒れの少女を発見。どうやら「キャンプ」の人間らしい――

    3.冬の物語  「シティ」統治下の厳寒の鉱山キャンプ。そこでの生活は、朝起きて地下にもぐり、夜に戻って寝るだけの毎日。あるとき地下での作業中に、大規模な落盤事故が発生し――

    4.春の物語  「キャンプ」で暮らす十六歳の少女マオ。ゴミ山での廃品回収と、場末の店での歌手として生計を立てている。相棒のシウンと廃品狩りに出かけた先で、ゴミ山に埋もれた幼女の死体を発見したふたりは――

    5.すべての季節が巡って  仕事を求めて港湾都市バターワースにたどりついた私。労働者で賑わう食堂で、飛びかう男たちの声に耳を傾ける。サスパンナの鉱山暴動は拡大し…… シティにゲリラ戦をしかける「同盟」が、各地で攻勢…… 終わりゆく世界に灯された、かすかな希望の物語。   

    0クル

    カテゴリー内順位1211位 / 4,448件

    ジャンル内順位68位 / 311件

    (0)