• 盤上の王戦~守りたい者達の為に俺は真の王になる  外部URLを開く

    柊咲

    神は7人の王候補と、それぞれの王候補に仕える7人の駒を選定した。
    王候補は互いに争い、最後の一人となった王をこの世界の真の王とする、というのがこの世界の神話だ。
    そして戦争の被害にあって小さな村に逃げてきたエドはある日、王候補に宿ると言われる《キング》の駒を右手に宿した。
    だが彼は、王候補になる事を拒んだ。王候補となれば病弱な妹を一人で村に置いていくことになる。それは無理だと思い、エドは王候補の証を宿したまま村に留まり続けた。
    ──細々と平穏に妹と暮らしたい。
    そんなエドの囁かな願いを世界は聞き入れなかった。
    ある出来事によって王候補となる契約をしてしまった彼は、その時に《大切な者達を守りたい》と願った。
    エドに与えられた力は、エドに向けられた駒達の《好感度》を上げれば、それぞれの駒の能力を強化でき、その能力を自分も使用できるという力。
    その力を使って、エドは共に歩んでくれる《クイーン》《ビショップ》《ナイト》《ルーク》の駒を持つ《七人の戦駒》の彼女らと共に、この王を決める争い──盤上の王戦へと足を踏み入れるのだった。

    0クル

    カテゴリー内順位1211位 / 4,452件

    ジャンル内順位807位 / 2,341件

    (0)

    舞台
    異世界
    主人公の性別
    主人公の年齢
    10代
    主要登場人物の属性
    少年
    少女
    その他の要素
    剣・魔法
    戦争・戦記
    異能力バトル
    ハーレム
    ツンデレ
    アクション・戦闘
  • 禁忌使いの反逆者  外部URLを開く

    柊咲

    各地で戦争が頻発していた世界。人々は両手に武器を、才能のある者は魔術を駆使し、日々争いは続けられていた。
    そして貧しくても平穏を望んでいた村も、その戦争の巻き添えを食らった。
    力無き者は強き者に守られるしかない。そんな世界で、二人の男女が立ち上がった。
    村の中から良くしようと考える領主リオンと、村の外から良くしようと考えるエルフィナ。そして二人は別々の道を歩んだのだったが、一年後、再び再会すると、世界がどれほど残酷なのかを知った。
    そしてリオンは、この村に隠された大いなる力を手にした時、世界に仇なす者──反逆者と呼ばれ世界を敵に回した。
    「世界中から命を狙われる反逆者でもいい。ただこの村の皆を守るために、俺はこの禁忌の力を使う」
    希望と絶望を胸に、大切な者を守るため貧しい村の領主であるリオンたちは世界を敵に奮闘する。

    2クル

    カテゴリー内順位797位 / 4,452件

    ジャンル内順位550位 / 2,341件

    (0)

    舞台
    異世界
    主人公の性別
    主人公の年齢
    20代
    主要登場人物の属性
    魔法使い/魔女
    その他の要素
    剣・魔法
    戦争・戦記
    純愛
    ハッピーエンド
    レイティング
    R15
  • 断罪のカレナ  外部URLを開く

    柊咲

    この世界には、女性の強い怨みを晴らしてくれる絶世の美女がいた。
    彼女は時に聖母のような優しい微笑みを浮かべて手を差し伸べ。彼女は時に悪魔のような笑みを浮かべて愛用の鎌で人を殺す。
    弱者の代わりに人を裁いてくれる悪魔のような彼女は、いつからか《断罪のカレナ》と呼ばれるようになった。
    カレナは天使か悪魔か。これは、男性に強い怨みを持ったカレナが弱者である女性達を助けながら、その報酬として女性達とエッチなことをしながら、悪い奴を片っ端から殺す物語。

    0クル

    カテゴリー内順位1211位 / 4,452件

    ジャンル内順位807位 / 2,341件

    (1)

  • アイツが最強なのを、私だけが知ってる  外部URLを開く

    柊咲

    英雄の父と、大賢者の母の間に産まれたルクス=フィレンツェ。
    誰もが羨む血筋を継ぎしルクスは、父と母の良い部分を受け継いで生まれたのだと期待された──のだが、誰もが羨む才能には恵まれなかった。
    与えられたのは、モンスターを調合して武器や消耗品といったアイテムを生成する支援加護であった。
    周りからは『無能』だとか『外れ七光り』だとか言われてたルクスだが、エレナ=ティンベルだけは蔑まなかった。
    それはエレナが、何らかの理由で実力を隠しているが、ルクスが本当は最強なのだと勘違いしていたからだ。

    「アイツ、俺にずっと付いてきてるけど──まさか、俺の事が好きなのか!?」
    「絶対に実力を隠してる。アイツは──とんでもない男になるはず!」

    お互いの事を勘違いしている二人。
    ──だが時を経て、お互いの勘違いは少しずつ、現実となるのだった……。

    0クル

    カテゴリー内順位1211位 / 4,452件

    ジャンル内順位807位 / 2,341件

    (2)