熊ごろう

  • 異世界宿屋の住み込み従業員  外部URLを開く

    熊ごろう

    真夏の昼下がり歩道を歩いていた「加賀」と「八木」、気が付くと二人、見知らぬ空間にいた。

    そこに居たのは神を名乗る一組の男女。
    そこで告げられたのは現実世界での死であった。普通であればそのまま消える運命の二人だが、もう一度人生をやり直す事を報酬に、異世界へと行きそこで自らの持つ技術広めることに。

    「転生先に危険な生き物はいないからー」そう聞かせれていたが……転生し森の中を歩いていると巨大な猪と即エンカウント!? 助けてくれたのは通りすがりの宿の主人。
    二人はそのまま流れで宿の主人のお世話になる事に……これは宿屋「兎の宿」を中心に人々の日常を描いた物語。になる予定です。

    【小説家になろう】様で投稿してましたが3月24日よりツギクル様でも投稿を開始しました。

    45クル

    カテゴリー内順位248位 / 4,750件

    ジャンル内順位187位 / 2,477件

    (3)

    時代
    中世
    舞台
    異世界
    主人公の性別
    主人公の年齢
    10代
    20代
    30代
    主要登場人物の属性
    少年
    幼馴染
    魔法使い/魔女
    戦士
    モンスター
    人外
    その他の要素
    剣・魔法
    転生
    日本→異世界
    ダンジョン
    レイティング
    R15