重弘 茉莉

  • 怪異に乙女とチェーンソー  外部URLを開く

    重弘 茉莉

    奏矢ジュリは怪異を、その刃で解決していく。
    依頼があれば、様々な異形を相手にチェーンソーが火花を散らす。
    相手が死者であろうが、ゾンビであろうが、妖精であろうが関係なくたたっ切る。

    怪異を相手に、物理で突き進むアクションスプラッタホラー。

    ・『第1章 舞宇道村(ぶうどうむら)』
    ジュリは依頼者である浦河智也とともに、舞宇道村を訪れた。
    「妻を……リオをお願いします……」
    智也はジュリに妻の救出を依頼する。
    だが、村に着いて現れたのは、醜く腐乱した動く死体ばかりであった。


    ・『第2章 妖精博物館』
    ジュリは兄とともに、警察より依頼を受ける。
    依頼内容は「博物館に現れた妖精を殲滅して欲しい」。
    ジュリは手に持った大型チェーンソーを大きく吹かすと、博物館の扉に手を掛けたのだった。

    ・『第3章 ガンプと呼ばれた怪物』
    「なんで休みの日まで、働かなきゃいけないの……」
    ジュリはため息を着くと、目の前で破られつつある扉を見つめるのであった。
    ジュリは、友人と参加した合コンの二次会で、廃病院での肝試しに誘われる。
    だがそこは”ガンプ”と呼ばれる、異形の怪物が住むという場所であった。


    ・『第4章 水にストーカーされる女』
    「僕の先輩が、ストーカーされてるみたいなんです」
    「じゃあ、私に言わずに警察へ行きなさいよ」
    ジュリは、友人である横溝雅司(よこみぞまさし)から、相談を受ける。

    「いや、それが……そのストーカーというのが”水”なんです」
    それはとても奇妙な、相談内容であった。

    ・『第5章 長いトンネル』
    ジュリと兄であるジョンは警察より「トンネルで発生した連続不審死を調査して欲しい」と依頼される。
    依頼とともに添付された資料には、被害者が全身を黒い粘液で覆われて、溶けていく様が記録されていたのであった。
    **************以下、文字制限により、あらすじ略。
    ・『第6章 異世界より』
    ・『第7章 天国地獄診断機』
    ・『第8章 愚者のハーレム』

    0クル

    カテゴリー内順位1074位 / 5,847件

    ジャンル内順位14位 / 187件

    (0)

    時代
    現代
    舞台
    日本
    主人公の性別
    主人公の年齢
    20代
    主要登場人物の属性
    大学生
    その他の要素
    アクション・戦闘
    サスペンス
    サイコ系
    職業もの
    シリアス
    スリリング
    ダーク
    グロテスク
    暴力・流血描写あり
    レイティング
    R15