• 西方辺境の騎士  外部URLを開く

    Kinjisou

    古典的なオーソドックスハイファンタジーです。
    主に小説家になろう に連載しております。

    最近のスキルものや、チートハーレム転生転移といったお話に食傷気味のかたをターゲットにしております。

    ファンタジックな世界のお話

    ――ここではない何処か。
     剣も魔法も、神も魔神も、秩序も混乱も、オークもエルフも女騎士も。色んなものが、私たちの知らない法則によって存在する、そんな世界の片隅で――

     西方辺境の開拓村の一つ「樫の木村」のユーリー少年は親友ヨシンとともにウェスタ侯爵の領兵団へ入隊しました。「騎士になる!」そんな目標を持った二人は、第十三哨戒部隊に兵士として配属されますが……

    帝国歴492年10月末―― 
    平和なウェスタ侯爵領の開拓村「小滝村」が突然オーク軍の襲撃を受け全滅!!

    その報を受けたウェスタ侯爵ガーランドは各哨戒騎士に緊急召集を発令します。
    そして、ハンザとデイルの第十三哨戒部隊に或る「命令」が下されました。

    「騎士の名誉」「命令」そして、自分の「弱さ」様々な思いの中で揺れ動くハンザの下した決断とは?

    「聖女」リシアとユーリーの交錯する意識
    念願の両手持ち剣を手に入れたヨシンの活躍
    凄みを増したデイルの剣技
    王都から動けない正騎士団を救うアルヴァンの作戦とは?
    夫々の活躍が折り重なって、舞台は遂に最終決戦の場へ――

    馬の嘶きと蹄の音、怒号と悲鳴、勇気と献身、冷酷な戦場の掟は、少年達の瞳に何を映すのでしょうか?

    エピソード4 オーク戦争 「役者は揃った。全騎突撃!」

    0クル

    カテゴリー内順位1174位 / 4,413件

    ジャンル内順位779位 / 2,315件

    (0)