小説家になろうで小説を投稿しております。
お話が聞くのも考えるのも大好きでなので
全力で小説を書いていきます。

http://mypage.syosetu.com/1038053/

  • モブの元RPGの進め方  外部URLを開く

    O.F.Touki

     流れ者のビンセントは、行きついた村の農業を手伝いながら、仲間と供に魔物から村を守っていた。
     ビンセントが生まれるよりはるか昔から、魔王が率いる魔物達と精霊やエルフそして人間との戦争は続いている。
     勢力を伸ばし続ける魔王に圧され、とうとうビンセントがいた村は滅ぼされるが、瀕死の状態で生き延びる。
     魔物により覆われているこの世界、その日を生きる為に、冒険者として魔物の討伐をして金をかき集め、その日をしのいで暮らす生活に戻った。
     戦闘力の差もかなりあったが、圧倒的な数の差で人類、エルフや精霊は、魔物達に次々と殺されてしまった。
     こんな魔物あふれる世界に伝説の勇者とされる者達が現れた。
    勇者の出現から極端な戦況は逆転。
    二年で魔物はほとんど消滅し、魔王も勇者によって討ち取られた。
    勇者の出現で魔物という脅威はなくなり世界は平和になった。

     しかし魔物の討伐を商売としていた者達の失業は後を絶たない
    故郷無、職無、金無、根無し草のその日暮らしのビンセントが、一つの国に流れて暮らしている。
     魔物の消滅で少なくとも魔物への心配事は無くなり、ビンセントのような者達に浮上してくる心配事と言えば生活費である。
     それでも時は考える余地を与えずに動き続け、魔物無い時代で人々も流れる様に動き始める。
    残った人間、エルフ、精霊達は、互いが進化していくだろう。
    考えれば平和になった。しかし、それぞれが尊重し合えるかどうかは又別の話になってくる。

    ……もう一度考えるに、平和になったのだろうか?
    それは、わからない。

    0クル

    カテゴリー内順位1272位 / 4,825件

    ジャンル内順位866位 / 2,507件

    (0)