紙城境介

  • 転生ごときで逃げられるとでも、兄さん?  外部URLを開く

    紙城境介

    高校卒業から5年間、妹に監禁されていた俺は、やっとの思いで逃げ出した矢先にトラックに轢かれて死亡する。そうして出会った神様は、なんやかんやあって俺を異世界に転生させると言い出した。ようやくあの悪魔みたいな妹から解放される! そう思ったのも束の間、俺と一緒にトラックに轢かれていた妹も同じ世界に転生することを知る。もう二度と、妹の好きにさせはしない……! 俺は今度こそ妹の魔手から逃げ延び、幸せな人生を生きることを決意した。神様にもらった、世界最強クラスの能力を武器に。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           
    ……なーんて言っちゃって、兄さんったら恥ずかしがり屋さんなんですから♪ 『監禁』とか『魔手』とか『逃げ延びる』とか、さすがに冗談が過ぎますよ? そんなわけで、上のあらすじは嘘です、冗談です。ウチの兄さんが失礼しました。この物語は、様々な障害に恋路を阻まれるわたしと兄さんが、最終的にはイチャイチャラブラブずぶずぶになるお話です。……え? ヒロインはわたしだけですけど? は? 文句あります? ないですよねだって兄さんを愛してるのはわたしなんですからわたしだけなんです他には要りません一人たりとも一匹たりとも血縁だって転生したら関係ないし兄さんならわかってくれるはず兄さんだけは邪魔邪魔鬱陶しいどうして変なこと言うの囀るな虫ケラどもが今に見てろお前らみんなみんなみんなみんなみんな殺

    33クル

    カテゴリー内順位279位 / 4,696件

    ジャンル内順位205位 / 2,447件

    (2)