長月竜胆

皆さん、こんにちは。長月竜胆と申します。ブックショートさんから一部作品を公開中ですが、個人のアカウントも作ってみました。

  • アリとキリギリス

    長月竜胆

    アリたちが越冬のために必死で食料を集めている中、キリギリスは楽しげな様子で一人音楽に興じていた。見かねたアリの長老が忠告をすると、キリギリスはある取引を持ちかける。「音楽で楽しませる見返りに、食料を分けて欲しい」というのだ。まさに虫のいい提案であるが、長老は意外にもあっさりとそれを受け入れる。その裏には恐ろしくも狡猾な企みがあった。

    2クル

    (1)

    カテゴリー内順位326位 / 1,249件

    ジャンル内順位8位 / 50件

  • 天秤

    長月竜胆

    いつからか男は、不思議な夢を見るようになった。その夢の中では、自身の過去の実体験が、はっきりと再現される。さらにそれは、夢を見る度に、より古い過去へと遡っていった。現実世界で年を取る一方、夢の中ではどんどん若返っていく男。その行きつく先で、終わりと始まりは重なる。

    2クル

    (0)

    カテゴリー内順位326位 / 1,249件

    ジャンル内順位12位 / 128件

    その他の要素
    純文学
  • 大木と男

    長月竜胆

    その大木は、自身の存在意義を見出せずにいた。誰もが立派な木だと称えてくれるが、一つの場所に根を張り、時が過ぎるのをただ待つような日々に、疑問を抱かずにはいられない。ある日、そんな大木の前に一人の若い男が現れる。「僕と一緒に旅をしようか」そう言う男の手によって、大木は船へと姿を変え、夢にまで見た外の世界へ旅立つ。その果てで、大木は何を見出すのか。

    2クル

    (0)

    カテゴリー内順位326位 / 1,249件

    ジャンル内順位8位 / 50件

  • 白昼夢

    長月竜胆

     空を飛ぶ魚や怪獣、妖精など、その町には奇妙な幻が溢れかえっていた。どうやら人間の空想が目に見える形で現れたものらしいが、原因は一切分からない。公園では子供たちの創り出した可愛らしい幻が踊り、町では大人たちの創り出した、良くも悪くも現実味ある幻が闊歩している。男は、その中を友人と二人で散策し、不思議な景色を楽しんでいたのだが、道路を縫うように現れた謎のボートによって、事態は急変する。

    2クル

    (1)

    カテゴリー内順位326位 / 1,249件

    ジャンル内順位12位 / 128件